スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「きれいごとだね」 本日も晴れ。異状なし〈2〉 

キビ刈り青年、光生(青木崇高)のそこそこ上手な沖縄ことばにちょっとホッとしたりする「本日も晴れ。異状なし」。タイトル通り、なんかきれいごとだな~と思ってしまいました。もうちょっと遼(坂口憲二)のテンションが低ければ我慢できるんですがときどき観るに耐えない瞬間が……。

本日も晴れ。異状なし」はTBS系で日曜21:00~放送中。

沖縄波照間島特産 黒糖かちわり沖縄波照間島特産 黒糖かちわり

沖縄物産企業連合
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

今回のテーマは「医者がいない」。解決したいと遼は空回りしますが、そこに島出身の医師、万作(田中実)が帰ってきて、渡りに船だと喜ぶ遼ですが………。


「絶望を繰り返している島には、理想論ほど耳障りなことはないんだよ」。


と今回もキヌ(前田美波里)にイタいとこ突かれます。呆れている割に、公民館に集まってくださいと言われたら素直に集まっちゃう那瑠美島(なるみじま)の人たち、人がイイなぁ。

沖縄本島の大病院で外科部長を務めているという万作は意外にも島に戻ることを了承するのですが、それには裏があり、それを察知している兄であり校長先生でもある仙吉(近藤芳正)は戻ってくるな、と言い、一悶着あります。

最後は遼が島民全員のカルテをつくって血圧を測るってことで「健康管理」に一肌脱ぎ、それに呼応して万作も数カ月に一度は戻ってきて健康診断や診療を実施するということで落ち着きました。

そんなうまいこといくわけないやん、と、ツッコむのは許すにしても。

とにかくもっと、ギスギスしている場面だけじゃなくて離島ならではの暮らしぶりや、いいところ、沖縄らしさをもうちょっと見せてほしいのになぁと思いました。へちま荘の長逗留客、桃彦(中村靖日)の存在なんかもあるんだし……。これから出番あるのかな?

確かに離島ってないないづくしの面もあるけれど、それはすべてがそろっている都会のスタンダードで比較してしまうからであって、離島にいるからこその素敵なことだってあると思うんだけどな~。

こういうのも理想論、あるいはきれいごと、はたまた先週出てきたみたいな「リゾート気分」なんだろうか。

あとね~このドラマでケッテー的にイマイチだと思うのはエンディング曲。秋川雅史の歌、まっっっっっっったく沖縄に合ってないから。



→「へちま荘のラー油」だそうです。明らかに



人気の「石垣島ラー油」をパクった感、ありあり…w こんなコラボ企画考える前にストーリーをもっと練ってくださーい、お願いしまっす。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2543-a8894ecd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。