スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰にでも秘密がある ありふれた奇跡〈4,5〉 

前回今回とけっこう衝撃的な展開が続き、どうしよう~と思っているうちにレビューが溜まってしまいました。まさに「奇跡」な出会いだったわけですね、翔太(加瀬亮)と加奈(仲間由紀恵)。

ありふれた奇跡」はフジテレビ系で木曜22:00~放送中。

『ありふれた奇跡』オリジナル・サウンドトラック『ありふれた奇跡』オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ

ワーナーミュージック・ジャパン 2009-03-11
売り上げランキング : 36358

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

それにしても加奈父(岸辺一徳)と翔太父(風間杜夫)があんな形で「知人」だったとは驚き。シルヴァーナ様とシノブ様………。ふたりが繰り出したのが横浜・伊勢佐木町のイセザキモールであそこだったらああいう人とすれ違っても不思議じゃないな、とかつい自分で納得してしまったりして…。

でまた、女装クラブに現れたのが志賀廣太郎サンだったりして、またこの人これから出てくれるのかどうか楽しみになっちゃったりしました。でも、父どうしはあのクラブに出入りすることで意見の相違があるみたいだし、もしかするとあの志賀さんから漏れるってこともなきにしもあらずかな~なんて、いろいろ考えてしまいました。

母、桂(戸田恵子)のヒミツもビックリ。また相手が人形の先生(吹越満)ってところがまた妙にリアルで。

実は実家の母が言っていたことに

「私は山田太一のドラマは好きなんだけど、すぐに性的なことにもっていこうとする感じがして、それで居心地が悪くなることがある」

というのがありました。今頃母、どんな顔して観てるのかしら、と思いました(爆)。

加奈も加奈でいよいよヒミツの核心に触れるのかと思いきや「子どもは産めない」という告白をして翔太を置き去り。4話で翔太の実家を訪ねるときも「小学校はどこ?」と聞いていながら保育園?の話になると急に顔が曇ったりして、やっぱりそのあたりにトラウマがあるというのはわかってきたのですが……。

だから「妙」でのシーンが生きてきたということだと思いますが、藤本(陣内孝則)に抱きつかれそうになって逃げる場面、なんだかとても痛々しかったです。本当に彼女が背負っている傷が何だかまだわからないだけに。

そして、思い詰めた雰囲気の翔太が危ういなと思っています。予告でもそのへんにおっていましたが、加奈が翔太に対して感じている距離と、翔太が加奈に対して感じている距離がかなり違うのっが、実に危うい。

このあたり、加瀬亮の本領発揮だな~と思います。加瀬サンの作品はそこそこ観てますがちょっと病んだ感じが

スクラップ・ヘブン [DVD]スクラップ・ヘブン [DVD]
李相日

バンダイビジュアル 2006-03-24
売り上げランキング : 6948
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


モヤモヤ度、煮え切らない度ではこのへんかな?とか勝手に想像してみたりしてw 「アンテナ」までいくとイタくなりすぎちゃうから。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2546-90b3d0c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。