スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根こそぎ。 臨場〈1〉 

内野聖陽のヘンタイ警察官ドラマの第2弾@テレ朝、ってカンジでした…。原作が横山秀夫ってことでまさか「ヴォイス」みたいなことはないと思ってましたが、なんかビミョー……。その微妙さ加減に久しぶりにブログ開きましたが、毎回レビューするかと言われると……難しいかも。

臨場」はテレビ朝日系で水曜21:00から。

臨場 (光文社文庫)臨場 (光文社文庫)
横山 秀夫

光文社 2007-09-06
売り上げランキング : 298
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

ビミョー感が漂うのは、キャスト。

基本善人キャラである高嶋政伸の無理矢理やってる感が漂いまくる強面捜査一課・管理官を筆頭に、息子だから似てるのは仕方ないけど「ニセ渡辺謙」としか言いようがない"検視官心得"の渡辺大、黒澤映画に出演していたころの切れそうなオーラがすっかりなくなって、声も変わってしまい無惨な姿を晒している隆大介の3人がトップかな。

それと、警視庁詰めの新日新聞の女性記者っつのも「契約社員だけど正社員になりたい」という謎設定。新聞社の警視庁担当といえばそれなりにデキる人間をあてるはずで、かなり違和感アリです。膝上丈のスカート履いて捜査員にあんな媚売る人、いまいるかしらね~。原作にあるキャラクターなのか、気になる。

内野聖陽の倉石はどうしても

ゴンゾウ~伝説の刑事 DVD-BOXゴンゾウ~伝説の刑事 DVD-BOX
内野聖陽, 筒井道隆, 本仮屋ユイカ, 大塚寧々, 猪崎宣昭;橋本一

ジェネオン エンタテインメント 2008-12-26
売り上げランキング : 4760
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


マッドな感じが「ゴンゾウ」を思い出させてしまう~。もうちょっと違う切れ味を見せてほしかったので初回は期待していただけに若干肩すかしでした。

ネタ的には、地下室にあった植物がジギタリスだったという時点でだいたい想像がついちゃったんだけど、ダイイングメッセージの

「時来たり 須藤の山芋 うらめしや」

の解釈は目からウロコで楽しゅうございました。事情を聴いてる須藤さん(筒井真理子)に「被疑者用」と書いたプラスチックのコップで飲み物飲ませたりミョーに細かい技が効いてるのも気には、なります。

「死者のために検視で拾えるものは根こそぎ拾え!」

の台詞はよかった。なぜ刑事部長(伊武雅刀)も認める「見立て」の能力をもつ倉石に一ノ瀬があんな横柄な態度をとるのか納得ゆかないんだけど、だんだん倉石メソッドに"感化"されてく一ノ瀬の成長物語にもなるんでしょう…あんまり納得いかないけどね。

というわけでとりあえずは「ステイ」かな~。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2552-88ad7410

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。