スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お約束の展開? 白い春〈3〉 

春男(阿部寛)、さち(大橋のぞみ)の母親が真理子(紺野まひる)と知る。3話にきてようやく?物語が動き始めたと実感。のんびりだな~。まぁ、イイか。

白い春」はフジテレビ系(関西テレビ制作)で火曜22:00から放送。

結婚できない男 DVD-BOX結婚できない男 DVD-BOX
阿部寛, 夏川結衣, 国仲涼子, 塚本高史

ポニーキャニオン 2006-12-20
売り上げランキング : 1056
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

→今回と同じ尾崎将也が脚本、阿部寛主演の名作・迷作。観てなかったけど「アットホーム・ダッド」も同じ組み合わせなのね。

FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

と、こうなってくると当然のように村上(遠藤憲一)は、さちの本当の父親ではなさそうね、と読めてしまうのはやむを得ないでしょう…。丁寧に9年前のフラッシュバックで説明してくれましたが、春男にお金を払って追っ払おうとしたのは、実の父親がこれ以上さちに接近しては困ると思った、ということでいいのかなあ。

子どもを宿した真理子を受け入れた懐の深さからすると、ちょっとザンネンな思考回路なんですが。

とりあえずこのドラマを観続けている理由は、登場人物の描き方がおおむね丁寧だから、でしょうかね…。木を登りながら足が滑って妙な具合になってしまったり、さちをいじめていた子どもたちが春男に脅かされていったんは謝りにくるものの、親に恐ろしい男に脅されたと話して警察が動いたり。

春男が男の子たちを脅しているシーンは、オトナの目から見れば若干滑稽だったりもしますが、おしっこちびっちゃったりしてるのも、おもしろかった。

そんななかでちょっと小賢しい風な吉高由里子が浮いてるのが、惜しいです。春男との距離感といい、小島(遠藤雄弥)をアゴでこきつかって美人局めいたことをしてみたり。突き詰めれば孤独ってことなんだろうと思いますが、彼女のキャラクターをまだ活かしきれてない。

デビット伊東の相方の中島ひろ子のただならない場末感が毎週ナイスで目が釘付けです。ものすごく邪険だったのが急に優しい接し方になったのは、800万がかんでるんだろうか。やっぱり疑っちゃうよなぁ、デビット。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2575-d9978224

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。