スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約束? スポットライト〈5〉 

必死のリポート

やっとチャン・ジンギュ事件、幕引き…。長かったな~。ウジン(ソン・イェジン)がこれから記者としてやっていきたいのかそうじゃないのか、なんだか疑問に思わずにはいられないエンディングでした。

スポットライト」はNHK BS-2で日曜21:00から放送中。



FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

銃声とともにガラスが割れて中のウジンが気になるエンディングだった前回。ペンションのなかでは、機先を制して猟銃を先に奪ったウジンが発砲し、チャン・ジンギュを威嚇していました。

優位に立ったのもつかの間、現場に臨場してきたキャップのテソク(チ・ジニ)と、独自インタビューをやらせろやらせないでもめるうちに案の定、銃をチャン・ジンギュに奪還され、銃床で殴られて流血…。

話はどこかで見たことある感じの、GBSの独占インタビューを流す流さないで緊迫してゆくという展開になります。

犯人の言いなりにインタビューを放送することなどできないとする報道局長に、テソクが

「特ダネをとってこいといつも我々が言っているからウジンが今回のような行動をとった」

とウジンをかばう発言をしたのは、うれしかった。人に何か指示だしたり命令だしたりするのは簡単なんだけど、その後の行動に責任をもってくれる指示を出す側というのはどれだけいてくれるか、というと意外と……というのが現実だと思うので。

最終的にGBSサイドはニュース速報を出して独自インタビューをすることを承諾。ウジンはテソクの的確な指示もあって、チャン・ジンギュの素顔を引き出すことに成功します。

そのあと銃で自殺をはかろうとした彼を止めることにも成功、ようやく解放されました。

長閑だな~と思ったのは警察サイドがコ班長からイ刑事までがウジンの保護にわらわらして、チャン・ジンギュを確保に行く人が全然いなかったことですw 普通、ウジンが出てきたら入れ替わりに突入するっしょ…。

保護されたウジンはさすがに謝りますがテソクに「自分だって同じことをした」と、慰めてもらいます。

だから、なのか、ウジンがいただけないと思ったのは「その後」でした。

時の人になってしまったのはやむを得ないとしても、テソクに叱責されるまでもなく、今回の事態は自分の独断が自分の命を危険に晒しただけでなく、会社にも大迷惑をかけるところだったのに「今月の記者」賞をもらって子どもたちからサインもらったりして、なんかちょっと調子にのってる感じが…。

テソクに釘を刺されますが、報道局長は折しも募集中であるニュースキャスターオーディションにウジンを出せないかどうか打診してきます。

先輩からその話を漏れ聞いたウジンは最初「キャスターなんかやりたいなんて言ってない」と言いながら、本社ロビーに出た垂れ幕を見てまんざらでもない様子。

そういえばさ、チャン・ジンギュの母親を捜してあげるって約束してなかったか?のど元過ぎれば暑さを忘れる感じがして、後味悪いです。

スンチョル(チン・グ)はウジンの同級生でしたが入社が3年遅れたのは徴兵のせいなのか?それと同様、いつもウジンに小言ばかり言っているキャスター志望の1つ上の先輩、ミョンウンの年はウジンよりひとつ下とわかりました。

日本ではマスコミ志望の人のなかにはあきらめられず就職浪人する人などもかつてはいましたが(不況時の今は知らないけど…)、ウジンがどんな「育ち方」をしてきたのか、ちょっと気になる。

そういえば、ウジンにご注進してた、お調子者の先輩記者ですが、ずっと何かで会ってるなと思いつつ調べてませんでした。

復活 コレクターズ・ボックス [DVD]復活 コレクターズ・ボックス [DVD]
オム・テウン, ハン・ジミン, コ・ジュウォン, ソ・イヒョン

J.V.D. 2009-03-13
売り上げランキング : 3004
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「復活」のオム・テウン演じるハウンの同僚刑事でしたね。

コメント

ジウさん

RKさま、こんばんは。

そっか。やっぱりバッサリとカットされている場面がいくつかあるわけですね。それでもウジン優秀認定がなぜなのかは微妙にわからないんですか。

テソクはどこか若いころの自分に重ねている部分はありそうですよね。救出されたウジンに「自分だってやっていただろう」って慰めていたあたり。

ただやっぱりウジンのひとり功を焦る感じはいただけない。某公共放送の記者さんたちもそんな感じあったけどね(爆

で、チェジウ。韓国では実際どのくらい人気や実力のある女優さんなのかが私にはよくわからないんですけど、あんまり日本で人気があるっていうのはよくないのかな~とか思ってしまいます(汗 「冬のソナタ」がいろんな引き金を引いて彼女も想像しない方向にキャリアが進んでる気がしますが。

とりあえずドラマが低視聴率でユ・ジテに傷がついたかもしれないのは、いただけないですな~。

うろ覚えですが~

こんばんは。

>テソクがウジンを2軍のなかからなぜ「買い」と判断したのかがちょっとイマイチ謎だったりしませんか?

確か結構早い段階でテソクがウジンを「こいつ…やるな…」と思い
部長に「ウジンを任せて欲しい」と申し出るシーンがあったんですが「こいつ…やるな…」のシーンは日本版では削除されているような……。如何せん1年前に見た記憶なので、うろ覚えなのですが。
ただそのシーンがあっても「なんでそんなにウジンを買ってるんだ!」と思いながら見ていたのでさほど差はないかもしれません^^。間違いなく削除されているシーンは、ウジンとテソクが映画館でばったりという謎のシーンがあったんですけど、あれもなくていいかな……。

少し話がそれますが、今日WOWOWの再放送でスターの恋人を見ました。チェジウの今後が心配です。どんな役がはまるのかもう検討もつきません!ただ映像は綺麗でした。確か韓国の一番権威ある翔の新人賞を監督さんが取ったはずです~。

無謀

Sayopeeさま、こんばんは。

テソクがウジンを2軍のなかからなぜ「買い」と判断したのかがちょっとイマイチ謎だったりしませんか?

ツッコミながら観るドラマといえば今の私はWOWOW、これまたチェ・ジウの「スターの恋」ですが、このドラマもまたネタドラマ化するのかしら、怖い…。

さて、TB、例によってうまくかかっていませんでした…。ホスト制限もしていないし……。とりあえずこちらからTB打ってみましたので、もしうまくかかっていたらもう一度かけてもらってもいいですか?

こんにちは。
TBしましたのでよろしくお願いします。

突っ込みどころは誰でも同じところなのだなあと思いながら感想を拝見しました(笑)。
ウジン、やっぱり無謀すぎる.....でも、そんなところがキャップにはかわいいのかな(お。

これからキャスターを目指すのかどうか、気になるところです。
何のかんのとここまで来たら最後まで見てしまうのかな、このドラマ(^_^;)。突っ込みながら見るって、「輪舞曲」を思い出します。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2583-b6ed2e96

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。