スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫 デスパレートな妻たち〈4-4〉 

if There’s Anything I Can’t Stand(邦題:好かれたい症候群)

今回は久しぶりにスーザン(テリ・ハッチャー)が本格的にオヴァカぶり炸裂で、笑わせてもらいました。昔だったらもっとイライラしたんだと思いますが意外とスルーできた…。あとはリネットの"Cancer Bitch"発言がツボ!

デスパレートな妻たち」は第4シーズンをNHK BS-2で水曜23:00から放送。

バッハ:無伴奏チェロ組曲(全6曲)バッハ:無伴奏チェロ組曲(全6曲)
ヨーヨー・マ バッハ

ソニーレコード 1997-10-01
売り上げランキング : 54014
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

→ラストにディランが弾いていたのは1番のプレリュードでした。リリーおばさん、かわいそすぎた。

FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

シラミネタ、ふたたび………w 前回は子どもたちの頭ジラミでしたが今回はオトナのシラミで、検診に行ったイーディ(ニコレット・シェリダン)から判明。感染源はバカルロスで、となると…と、あわててギャビー(エヴァ・ロンゴリア・パーカー)に連絡するバカルロス。ギャビーがみると、夫のヴィクターにも自覚症状が。

駆除するクスリの香りで何となくイーディが感づくというのは可能性として理解できるんだけど、パーティーで回ってた皿からとった料理でつながったっていうのが、結局よくわからないで終わってしまいました。そもそもあの料理がなんだったのか、英語で聞いててわからんかったのが致命的ですわ。

スーザンのアホっぷりは、まぁ、いつもの通りか。でも「火事になったら911してくれることが必要」って。結局やることなすことすべてお約束ですが裏目に出て、完全にお隣に引っ越してきたゲイのカップルには嫌われました。

飼い犬のラファエルを「監禁」してペンキまみれにしてしまい、その脚が飼い主の2000ドルするドルガバのスーツを汚す、というオチ、それにさすがのマイク(ジェームス・デントン)もキレる、っていうのに意外とスッとした~。本人はまだあきらめきれてないみたいだけど、お菓子作戦失敗したあたりで反転撤収を考えるべきでした。

リネット(フェリシティ・ハフマン)とトム。第4シーズン始まってトムが妙に老けた感じがしたんだけど、あのリネットが、がん闘病で自分のことでいっぱいいっぱいになってしまいトムをまったく気遣うことができなかったことに最後気づいて自分のことをCancer Bitch呼ばわりする場面、なんだか、とっても、おかしかったけど切なかった。

ブリー(マーシア・クロス)のところは、いつも通りのハチャメチャぶり。ベイビー・シャワーを計画する友だちにひたすら固辞するも、アンドリューの悪巧みでパーティーが開催されたばかりか、天敵ともいえる前夫・亡きレックスの母親まで招待されてしまいます。

これまたお約束ですがブリーが取り繕おうとすればするほど泥沼で、偽装妊娠のことまでバレてしまいました。お客にバラして帰るのかと思いきや、実は役者はおしゅうとめさんのほうが一枚上手で、なんとダニエルを修道院から連れ帰る模様。さー、どうなる?

今回もまた理解不能だったのはキャサリンの行動。秘密のことにナーヴァスになっているのだったらなぜリリーおばさんを引き取ったりするんですかね?あれじゃ、虐待だし…。ディランの弾くバッハをBGMに聞きながら、苦しみぬいて死んでいったリリーおばさんの怨念はぶじディランに届くのでしょうか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2584-0c57369c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。