スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国宝 阿修羅展」がキテます。 

3月末から東京・上野の国立博物館で開催されている「国宝 阿修羅展」(公式サイトはコチラ。国立博物館の展覧会紹介ページはコチラ)。4月28日には来館者が30万人を超えたということで連日大人気。

「国宝阿修羅展」のすべてを楽しむ公式ガイドブック (ぴあMOOK)「国宝阿修羅展」のすべてを楽しむ公式ガイドブック (ぴあMOOK)

ぴあ 2009-03-19
売り上げランキング : 1130
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


海洋堂とコラボで売り出した阿修羅像のフィギュアは3000円弱なのに大人気で4月中旬には売り切れてしまい、いまはヤフオクで1万円を軽く超えるお値段がついております。

展覧会を主催しているわけではないのに、NHKが立て続けに関連番組を放送してるのが印象的。

奈良から阿修羅像を東京まで運んできた日通の文化財輸送のプロを取り上げた「プロフェッショナル 仕事の流儀」は久しぶりに見応えがありました。

また、4月からはじまった「ワンダー×ワンダー」でも阿修羅像をフィーチャー(再放送は6日深夜24:45から)。阿修羅像の3つの顔を「顔学」の観点から分析したのが非常にユニークでおもしろかったです。

この番組から派生した(と番組では紹介してました)ハイビジョン特集を10日22:00から放送の予定。

私も、先月19日までの期間限定で展示されている八部衆の畢婆迦羅(ひばから)と鳩槃茶(くぱんだ)、十大弟子のラゴラが上野にいるうちに、と早めに行ってきました。

連日1万人を超える参観者が詰めかけていて、開館から昼過ぎにかけてのピーク時は1時間近い待ち時間だとか。そんな情報もあって当日は夕方4時過ぎに突入しました。

入口には待ち時間20分と表示されてたんですが実際は10分程度で入館できたものの、阿修羅像の周囲がとにかくスゴイ人でした。とはいえ、高い場所から俯瞰もできるし、360°見ることができるので、いろんな楽しみ方ができると思います。双眼鏡を持ち込んでいる方もいました。

一個人 (いっこじん) 2009年 06月号 [雑誌]一個人 (いっこじん) 2009年 06月号 [雑誌]

ベストセラーズ 2009-04-25
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]

マガジンハウス 2009-04-01
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


芸術新潮 2009年 03月号 [雑誌]芸術新潮 2009年 03月号 [雑誌]

新潮社 2009-02-25
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2586-f692d004

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。