スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマW「ルパンの消息」 

横山秀夫の原作がきっとしっかりしているせいもあるかと思いますが、今まで観たドラマWのなかでも屈指の名作だと感じました!オンタイムで観られなかったのが、とても残念…。やっと再放送でキャッチです。

ルパンの消息 [DVD]ルパンの消息 [DVD]
上川隆也, 佐藤めぐみ, 岡田義徳, 水谷俊之

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2009-01-01
売り上げランキング : 1701
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

物語の主人公は警視庁の刑事、溝呂木(上川隆也)。かつて、3億円事件の容疑者だった男(遠藤憲一)を時効の壁に阻まれて落とすことができず所轄の刑事になっていた。3億円事件の時効からほぼ15年がたとうとしていたある日、溝呂木はかつての上司だった刑事部長・藤原(長塚京三)からある殺人事件の捜査指揮をとるようじきじきに命じられる。

事件の被害者は高校教師の嶺舞子(街田しをん)。当初は自筆の遺書が残されていたことなどから校舎屋上からの飛び降り自殺として処理されていた…。当時「ルパン作戦」というものに携わっていた学生たちの名前があがり、うちふたりが警察に呼び出されるが……。

容疑者と取り調べ担当の刑事が狭い取調室で向かい合い、溝呂木をはじめほかの捜査員はそれをマイクで拾って聞くというとってもアナログなやり方でしたが、取調室の 岡田義徳-津田寛治新井浩文-塩見三省 の組み合わせがなかなか渋くて引き込まれました。

ほかの刑事役の吹越満や中村靖日、正名僕蔵といったメンバーの地味な仕事ぶりもよかったし。

やはり何より、この殺人事件がもつ意味、3億円事件とのかかわりの部分がとても巧い!喜多(岡田義徳)や竜見(新井浩文)の証言から必要なものはすべて拾いきった刑事たちの力量には脱帽です。

記録官の秋間(佐藤めぐみ)の正体はかなり早い段階でわかっていましたが彼女がどういう形で事件にかかわっていたかという点についても、切なくて、ちょっとうそっぽいのによかった。

藤原が溝呂木に言う「刑事訴訟法255条を忘れるな」も、後半にむかってとても効いてて。いいドラマを見せてもらえて、よかったです。

遠藤憲一のズーラーだけどうしても気になっちゃったけどw

ルパンの消息 (光文社文庫)ルパンの消息 (光文社文庫)
横山 秀夫

光文社 2009-04-09
売り上げランキング : 574
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2596-e177ac1d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。