スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャングリ・ラホテル東京「ザ・ロビーラウンジ」のアフタヌーンティー 

シャングリ・ラ東京の3段トレイ

もう少し頻繁に会いたいのですが、多忙を極めている友だちと去年の8月以来ひさしぶりのアフタヌーンティーを東京・八重洲北口に3月オープンした「シャングリ・ラホテル東京」のザ・ロビーラウンジで楽しんできました。

結論から申し上げると、スコーンやお菓子を楽しむためのキモといえるお茶がイマイチ(汗)で、アフタヌーンティーを盛り上げたいというホテル側の意欲・熱意ともうひとつマッチしていませんでした。フードの味や種類はわりと充実していたと思うので、ちょっと残念です。

以下詳しく~。


シャングリ・ラ東京は八重洲北口(日本橋口)の「トラストタワー」にあります。駅と隣接していますが、特に大きな案内板なども出ていないので(これは八重洲南口のフォーシーズンズ丸の内も同様かな)、迷う人は迷いそうです。


駅の構内でいかにもこれから披露宴出席デス!という人がすたすた歩いていったのですがどこかで迷ってしまったらしく、大丸のお菓子売り場を冷やかしてから行った私がエントランスでおいついてしまいました。

シャングリ・ラホテル東京の入口エントランスの前にどかーんと看板が出てるのもちょっと奇妙かも。エントランスを入るとスタッフの方が迎えてくださり、天井の高いエレベーターでロビー階のある28階にいきます。宴会場はロビーの下、27階。


当初、アフタヌーンティー開始の14時半からお願いしていましたがその時間は満席とのことで1時間遅れの15時半スタートでした。10分ほど早い到着でしたがすぐ通してもらえました。

予約時にリクエストを聞かれました。mixiのアフタヌーンティーのコミュニティで「ピアノの生演奏の音が近い席だと、音量が大きく煩わしい」という情報を仕入れていたので、ピアノから遠い席をリクエスト。結果として、建物東側の隅っこの窓際の一角に通されました。

お天気があまりよくなかったこともありますが東側に面しているので、ペニンシュラのPeterみたいに西日に焼かれることはなかったです。

テーブルセッティングテーブルセッティングはこんな感じ。刺繍が施されたナプキンが、香港っぽいような。ほかにティーウォーマーがありました。ただ、ティーウォーマーは「冷えすぎない」程度にしかポットを温めてくれないのであまり温かいお茶はいただけませんでした…。


また、手を拭くのにおしぼりが出ますが黙ってるとさくっと下げられてしまいます。下げないでほしいとお願いしたら、きれいなおしぼりを持ってきてくれました。コレはオススメ。

お茶のメニューは1ページ目が紅茶、2ページ目がハーブティー、3ページ目がコーヒー類となっていました。大きめのポットに入ってきますが、ぬるめのお湯で、まだ茶葉が開ききらないうちに一煎目を出してしまうので最初は辛うじてお茶の色が出ている見るからに薄い色でガッカリ。

飲んでみると案の定香りも味もほとんどない、色お湯を飲んでる感じです…orz ウェイトレスの人も、一見してわかるだろうに、砂時計で計った時間でお茶を入れていて、違和感感じないんでしょうか…。

3段トレイお茶と前後して三段トレイが出てきます。ふたりぶんだとぎっしり、って感じがしますね。いちばん上の段にオレンジ、メープル、チェリーと3種類のスコーンが載っていて「温かいうちにどうぞ」とスコーンからいただくことを薦められました。


スコーンはぱさぱさとサクサクの境界線が難しいのですがここのはほどよくサクサクでおいしかったのですが、全体のバランスからすると、3つではなく2つが適量かなと思いました。

クロテッドクリームやソース類スコーンにつけていただくソース類は、はちみつ、クロテッドクリーム、オレンジカード、ストロベリージャムでした。クロテッドクリームは目のつんだ濃厚な味で満足です。


クランペットスコーンが終わった頃合いに届いたのがクランペット。ホットケーキのような生地を発酵させて焼いたお菓子で、独特の歯ごたえがあります。これをいただいているときにシニアスタッフの方がいらして一通りうんちくを語ってくださいました。


クランペットはオープンに合わせて、総支配人肝いりの指示で出しているいわば「ご祝儀メニュー」(ということばは使っていませんでしたが)。6月1日からアフタヌーンティーがサマーバージョンに衣替えするのにあわせてメニューからは落とされてしまうそうです。

クランペットをいただくには駆け込みセーフだったということですねw

続いて2段目のサンドウィッチ類。きゅうりとクレソンのサンドウィッチはつくってから少し時間がたっていたようで乾燥が気になってしまいました。「海老のタルタル ライム風味」はトルティーヤに巻いてあってタルタルはアボカドがアクセントになっていて美味!

アスパラガスのキッシュはソースがやや濃すぎたかな。鴨のリエットはポンデケージョみたいなもちっとした生地のパンでバーガー仕立て。これもまたかなりヒットでした。

この頃になるとかなりおなかも満足になってきます…。プティフールにまだ手、ついてないですよ?

本来ならココでお茶で気分転換したいところなれど、ここでもお茶さんが足を引っ張ってしまうのですね。お茶は基本的にウェイトレスさんがサーブしてくれるのを待って、彼女たちがお湯がないのに気づくと差し湯をしてくれます。

でも、茶葉には当然限界というものがあるので、やっぱりお茶本来の味を楽しむというよりはヌルめのお湯をどんどん飲むということでポットごと交換してもらえるアフタヌーンティーを一度経験してしまうと、ここがどうしても不満ポイントになってしまいます。

おしゃべりをしつつようやくプティフールに挑みます。

プティフールココナッツのマカロンは、下敷きになっていたチョコも含めてマル!ベリーのタルトレットはちょっと重かった。チョコレートとモカのエクレアはクリーム・チョコともけちけちしてない感じがよかったです。


最後に残ったのがレモンシフォンケーキ。シフォンと名乗る割にはふわふわ感がなく微妙な食感。クリームが絞ってあるのでとどめに重いのを想像していましたが案外ライトな感じで、なんとか完食できました…

とどめのフィンガーフードプティフールを持て余し気味のところにこんなかわゆいトレイでフィンガーフードがやってきました(メニューには載ってません)。下はオレンジピールのチョココートでした。


と、こんな感じ。3月オープンから2カ月しか経過していないことを考えるとまずまず健闘しているのかな、とは思います…が、お茶の減点がちょっと大きいですね。もともと私が濃い目に抽出したお茶が好きだというのも影響しているかもしれませんが…。

ポットに最初に入れる茶葉の量の加減、人によってお茶をいただくペースはもちろん違うので難しいとは思いますがやっぱり少なすぎる気がします。今思えばオーソドックスなアールグレイあたりで頼んで確認したかったかな。

クランペットの由来を説明してくださった方の口ぶりではネット上の口コミなどもかなりご覧になっている様子でした。お茶の改善はぜひお願いしたいところです!カップの中にストレーナーがセットされているというワイルドな方式のPeterのほうが満足度高かったのは、いかにも惜しい。

コメント

それは奇遇ですね!

icewineさん、こんにちは。

なんとそんなニアミスしてたなんて!今そちらのブログを大至急読ませていただいたんですが、私たちが東側にいたのに対してicewine5さん北側にいらしたんですね…。

私、途中でお手洗いにも立たなかったのでホント気づきませんでした。撤収したのは6時15分ごろでしたが…前もって書いておけばよかったですねww

さて、サービスとフードのお味がかなりレベル高かったので、お茶の減点は実にイタイですね。

うんちくお兄さんがいらしたとき、お茶のクレームをつけちゃおうかと思ったんですがせっかく楽しくいただいてるからと遠慮しちゃいました。私のテーブルにはアンケートはこなかったので、この投稿を見て、お茶が改善されることをぜひ祈りましょう。

クランペットは特別ウマ~!というわけではなかったのですがオープン記念みたいなこと言われると、いただけてよかったナ、などと思ってしまいました。やっぱり貧乏性です。

お茶が改善されたらまた行きたいところですね~。

なんと偶然!

rukoさん、こんばんは。

なんと、rukoさんもいらっしゃっていたのですね!
実は私もほぼ同じ時間にいました。周囲をあまりよく見ていなかったので、全く気がつきませんでした・・・

やっぱり、お茶がいまいちでしたよね~。
私はあまり味にはこだわらないほうだし、出されたものはたいてい何でも美味しく感じるのですが、それでも「なんか薄いし、ぬるい・・・」と思いました。
最後は私の方もほとんど紅茶ではなくて「お湯」でした(笑)。

アンケート用紙にあれこれ書いたんですが、それが上にちゃんと伝わってくれるといいなと思いました。

>クランペットはオープンに合わせて、総支配人肝いりの指示で出しているいわば「ご祝儀メニュー」(ということばは使っていませんでしたが)。6月1日からアフタヌーンティーがサマーバージョンに衣替えするのにあわせてメニューからは落とされてしまうそうです。

そうだったのですか!
私達の方は食べるのに夢中だったのと早すぎたせいか(汗)、そんな説明はありませんでした^^;
5月じゅうに行っておいて良かったということですかね。
まあ、それよりもお茶が改善されてから行った方が良かったのかも・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2635-d7e4ca69

ザ・ロビーラウンジ(シャングリ・ラ ホテル東京)のアフタヌーンティー

シャングリ・ラ ホテル東京〒100-8283東京都 千代田区 丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館2009年3月2日OPEN シャングリ・ラ ホテル 東京シャング...
  • [2009/05/31]
  • URL |
  • 高級ホテル宿泊記リンク集 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。