スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短絡的 風に舞いあがるビニールシート〈4〉 

虹の彼方に

残りあと1回になってなお里佳(吹石一恵)のキャラクターがシュールすぎてどうにもこうにもしんどい…。ついでに言うとUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)のお仕事ってのがもうひとつ深みをもって伝わってこず……。ここまできたから最後まで観ますが、期待はずれもいいところですな~。

ショパン・ベストショパン・ベスト
及川浩治 ショパン

エイベックス・クラシックス 2006-06-21
売り上げランキング : 97985
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

→「革命」の試聴はこちらから。及川浩治 - ショパン・ベスト! - 練習曲 第12番 ハ短調 作品10-12《革命》

FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

エド(クリス・ペプラー)の死を無理矢理乗り越えようとする里佳に神谷(片平なぎさ)は元イラン難民で、ピアノの国際コンクールでも優勝経験のあるピアニスト、結城マリア(サヘル・ローズ)のチャリティ・コンサートの仕切りを任せるのですが………。

中盤になって新邦通信社の寺島(吉沢悠)から明かされたマリアの過去なんて、神谷さんほどの人であればいくらなんでも最初に里佳に渡した資料にきっちり押さえられているでしょ…?そもそも、イランからの難民なのになぜ名字が「結城」なのかとか、打ち合わせいく前におさえとけよ…。

それを、訪れたマリアの家が古びた一軒家だというだけで驚いたり、難民支援のチャリティなのだからマリアが協力するのは当たり前という態度で打ち合わせに臨めば、マリアじゃなくてもキレないですかね~。

そのうえ、そのマリアを頼って助けを求めてきた不法滞在者に対して、マリアがとりあわないからって「私が責任をもって話を聞きます!」。これって、1話でケータリングをお願いしていたベトナム料理店が難民がらみのトラブルでもめたとき、何もできないのに警察に張りついていたメンタリティと3年たっても何ら成長してないってことにならないか?

ちなみに、サヘル・ローズさんってこんな人。

戦場から女優へ戦場から女優へ
サヘル ローズ

文藝春秋 2009-01-27
売り上げランキング : 12391
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


イラン・イラク戦争で孤児になり、救援活動のボランティアをしていた女子大学生が養母になって引き取られますが紆余曲折の末来日。頼ってきたイラン人男性と養母との関係がサヘルをめぐって気まずくなり、養母はペルシャ絨毯を織る仕事で細々と食いつないでサヘルを育てたという経緯があるそうです。

さて。

マリアとのネゴに失敗してしまった里佳の空回りっぷりに「フィールドに出てみたらどうか」と提案する神谷に里佳が言い放った台詞にまたまたポカーン。

「フィールドは、私からエドを奪った敵デス」

えーーーーー。自分がやってる仕事は、そのフィールドとつながってるんじゃないの?

そんなこんなで「休暇をとって頭を冷やせ」と言われてしまった里佳ですが、寺島との会話でまたも驚愕発言。

「どうしたら(エドのことを)忘れられるの?そうしないと前に進めない」。

これまで大切な人の死に直面したことがなかったからかもしれないけれど、愛する人を失った痛みって根本的に「忘れる」ものじゃないんじゃ……………。

というわけでガックリの連続です。

揉めていたマリアとの関係は「サプライズ」を用意することであっさり関係修復しちゃいますけど、なんだかな~。

原作本は読まないつもりでいたんですけど、逆にホントはどんな話だったのか猛烈に気になってきました。

風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)
森 絵都

文藝春秋 2009-04-10
売り上げランキング : 552
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2666-8a0bd597

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。