スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六本木で世界のビール 

久しぶりに昔の仲間と飲みました。集まったのは六本木の「Cerveza」。まんま「ビール」という名前のお店です。

六本木交差点のすぐ近くにありますが意外にも地下にあるせいかちょと隠れ家っぽい雰囲気。ただしスモーカーが多くヒッジョーに煙いのだけが残念。フードもおいしかったし、何よりマスターがこだわりぬいたビールの品揃えが素晴らしいです。

ベルギービールカフェだと冷蔵庫にぎっしり、っていうのが最近多いですがここは世界のビールがギッシリです。普通にシンハーとかタイガーなどのアジア系もあるのがちょっと嬉しい。

nello's blond

1杯目はあの「フランダースの犬」があしらわれたビール「Nello's blond」。ネロがかわいくないw 楽天でも買えます。色を見てのとおりの(たぶん)ペールエール系。

Weihenstephan

続いてWeihenstephans(ヴァイエンシュテファン)をタップから。サイトに行ってみると世界最古のビアブルーワリーであると名乗ってます。すっきりしたおいしさ。

amiraali(東郷ビール)

これはもともとフィンランドでつくられていた「Amiraali」(アミラーリ=提督の意味)というビール。東郷平八郎があしらわれています。フィンランドでつくられていたビールですが、マスターさんによるといまはライセンスが日本の静岡の地ビール会社にあるそうで、メイドインジャパンです。

名物のカツサンド

そして、名物のカツサンド。分厚くて食べでがありました。ほかにもチキンのクリーム煮や塩豚とアボカド、バーニャカウダなどビールにあうおつまみもたくさん。楽しかったです!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2695-b3b108d6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。