スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だいじょうぶか? 龍馬伝〈2〉 

大器晩成?

先週はウソ大河終了祝いのご祝儀相場だったのかしら?っていうくらいヌルい展開にちょっと引きました。40歳になった福山雅治が18歳くらい?の龍馬をやるのは別にいいんだけど、堤建設作業がどうしてああいうオチになったのか

「さっぱりわからない」。←湯川風にお願いします

大河ドラマ「龍馬伝」は総合テレビで日曜20:00~。BS-hiは日曜18:00、BS-2は22:00。再放送は総合で土曜13:05~。

龍馬伝〈1〉龍馬伝〈1〉

日本放送出版協会 2009-11
売り上げランキング : 925
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

あと、やっぱり広末涼子は苦手です。その昔「リップスティック」なんかではけっこうヨイなぁと思った時期もあったんですけど、早稲田に入学、中退、結婚、出産、離婚といった人生の年輪が演技に反映されないってのもすごいよ…
おくりびと [DVD]おくりびと [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント 2009-03-18
売り上げランキング : 602
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


去年アカデミー賞とってブームにもなった「おくりびと」も私のなかでは広末が出ているがために評価マイナスって感じだったのですが「秘密」あたりから固定された感じの小首かしげて甘ったるいトーク、みたいなの一本やり。龍馬(福山雅治)がぶじに江戸に行くことになって加尾(広末涼子)と弥太郎(香川照之)とのひとり三角関係が終わるってだけでホッとします!

それにしても今回はサブタイトル「大器晩成」も結局意味が通らないで終わっちゃいませんでした?少なくとも私にはどこをどうとると大器晩成なのか理解できなかったです orz

今回のワタシ的ハイライトは

1.弥太郎、龍馬が凹んでるメシウマ!って思って近づいて観察してたら加尾の告白シーン目撃して「どうして見せつけるんだ~」←勝手に自分で見に行ったくせにw の場面

2.祖母(菅井きん)の介護もあって土佐からは動けないということが理屈ではわかっていて「学問は土佐でもできる」と言いながら江戸に龍馬が行くことが決まって穏やかじゃない武市半平太(大森南朋)

3.半平太に龍馬がお父上が思っているのとは違うかも、と言われて道場に行き、師範(若松武史)と語る八平(児玉清)→私のなかでは児玉さんは80年代神大河「武田信玄」の、赤備えの飯富兵部、若松さんは武田信玄の右腕だった弟の信繁なのでこのツーショット超萌えますw

4.お前には学問、といってお母さん(倍賞美津子)が準備しててくれたへそくりを使い倒した最低ダメンズ父上の岩崎弥次郎(蟹江敬三)

この4つですかね~。まぁこのくらい見せ場があればクライマックスがアレでも我慢しとくのか…

にしても、龍馬が人の心というのはそうやすやすと思いのままにはならないのだと理解するのはいいけど、どうして豪雨のなか急にいがみあってた農民たちが作業に戻ってきたのか、イミフ。

超好意的に解釈するのなら、例のおむすび母子が唐突に出てきてたので彼女たちが何かしてくれたのか?とかも思うけど、ないよね?

序盤はどんな層が視聴定着するのか決めるポイントでもあるので試行錯誤なんだと思いますが…次回頑張って下さい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2714-69748b67

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。