スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強暗黒大河「草燃える」にハマる 

なんだか楽しみにしていたはずの「龍馬伝」がラブコメ風味になってちっとも楽しくない…と落胆していたら、時代劇専門チャンネルでスゴイ大河ドラマの放送が始まっちゃいました。

1979年に放送された「草燃える」です。

NHK大河ドラマ総集編 草燃える [DVD]NHK大河ドラマ総集編 草燃える [DVD]

アミューズ・ビデオ 2003-06-27
売り上げランキング : 27234
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


FC2ブログでの人気ドラマレビューをチェック!

源頼朝が流人から挙兵して平家を倒し、鎌倉幕府をつくり、それが北条氏による執権政治体制へ移行してゆくまでを描いた作品で、水曜日が「壇ノ浦」でした。

ここまでに登場した主な配役を書き出すと

源頼朝=石坂浩二
北条政子=岩下志麻
北条義時=松平健
源義経=国広富之
静御前=友里千賀子
茜=松坂慶子
北条時政=金田龍之介
北条保子(阿波局)=真野響子
伊東祐之(オリキャラ)=滝田栄
後白河法皇=二代目尾上松緑
丹後局=草笛光子
三浦義村=藤岡弘
梶原景時=江原真二郎
安達盛長=武田鉄矢
和田義盛=伊吹吾郎
畠山重忠=森次晃嗣
土肥実平=福田豊土

まだ登場していませんが源頼家は郷ひろみ、源実朝は篠田三郎だそうです。いやね、主役クラスの役者さんたちの周囲にいる人たちのキャラ立ちがもうハンパないです。それも説明口調じゃない会話できっちりキャラクターが描き分けられている。去年のニセ大河で直江兼続の「喜び組」でしかなかった上田衆のすっとこどっこいどもとは全然違います。

マイナーなキャラだから書き割り的でOKってことはないんだよなぁとしみじみ思わされますね。御家人たちのキャラクターを序盤できちんと描いているので、恐らくこれが頼朝の死後の権力闘争で北条氏が勝ち抜くときに効いてくるはずでいまから楽しみ。

都の人間たちに「東えびす」などと蔑まれている坂東武者たちはことばづかいも乱暴かつカジュアル。これに対して頼朝が

「~だろうよ」
「~するがいいよ」

などと雅っぽい言葉遣いをするのがまたエッジが効いてていいんです。

私のなかでは土肥実平(福田豊土)のまっすぐな性格が超ストライクです。

そして、なぜ「暗黒大河」と命名したかというと、近年の主人公ひたすら正しい!エライ!あんなことやこんなことした!っていう描かれ方とは対照的に「主役」である1番目の登場人物、源頼朝の腹黒さやしたたかさ、女性にだらしないところを十二分に描いちゃっているからです。

なにしろ自分の奥さん(=政子)の弟(=義時)の奥さんである松坂慶子に色目を使い最終的にはレイープしてしまうんですからw

21世紀の大河スタンダードでは考えられないですよね。その一方で挙兵に際して自分に忠誠を誓った武者たちにはひとりひとり個別に呼んで「そちが頼りじゃ~」とか言って泣く。素なのか計算なのか?ってところも含めて見応えがありすぎる。

政子は頼朝の浮気にブチ切れ、家来に命じて愛人宅を焼き討ちする狂いっぷりを見せた以外はいまのところおとなしいので、今後どんな恐ろしい尼将軍になるのかいまからwktkだったり。

そして、主役は頼朝と政子ということになっているけど、実質上主人公は若くてぴっちぴちの松平健です。いまのところ頼朝がドSで義時(=松平健)はドMという感じなんですが、義時が最終的に鎌倉の覇者となるので今後の展開に期待しているところ。

おもしろくてたまらないのが九郎義経(国広富之)のキャラだて。「戦バカ」ではおさまりきらないあまりに幼稚でナイーブ、その上空気がまったく読めない「中2病」的な困ったちゃんなのです。いったい鞍馬山や奥州藤原氏は何をこの子にしちゃったの?

世にある「勧進帳」をはじめとする義経モノでは、頼朝との諍いの原因がはっきりとはわからず、平家を滅ぼす武勲の中心にありながら頼朝に疎まれ死んでゆく悲劇の貴公子として描かれてることが多いんですがこの大河だと、これはダメだろうと思わせられるつくりになっています。

要点だけ書くと、頼朝には武士の頂点に立つものとして、自分の権限は極力強いものとしておきたい。このため、武功への見返りとして朝廷から授けられる官位もコントロールしたい。ゆえに、頼朝が推挙した者以外、つまり朝廷と直接官位のやり取りを行ってはならないという縛りをかけたのを義経が無視し、後白河法皇から官位をもらったことがつまづきのきっかけなのでした。

こんな有様なので世の中的にはあの頃の悪役である梶原景時は決して頼朝に讒言をしたということではなくあくまで冷徹にレポをあげただけという状況で、表情が乏しい江原真二郎にめっちゃ凄味がある。ほかの野卑でアツイけど暢気な坂東武者たちとは一線を画した存在であるところもおもしろい。

もちろん義経には大それた野望などはなく、単純に武勲をあげたのだから官位はもらって当然という考え方。兄と弟のねじれの位置ともいえる考え方の差が悲劇を生む。そしてそこで蠢く後白河法皇のしたたかさがきっちり出ています。

後白河法皇を演じているのは名優の二世尾上松緑。愛人役の丹後局(草笛光子)といちゃいちゃしながら最初は平氏を、次いで源氏にも隠然たる力を発揮しようとケガレを知らない義経に甘い言葉をささやいて仲間割れを誘うなどエロじじいっぷり+たぬきおやじっぷりに毎回悶絶してますw

息子の尾上辰之助(40歳の若さで夭折、三世尾上松緑を死後追贈されています)が後鳥羽上皇として登場してくるのがいまから待ちきれない。

そして、真野響子が演じている政子の妹、保子がまたいいキャラクターなんですよ。「風林火山」で出てきたまゆ毛娘とそれほど年変わらないだろうに全然違います。まったく…………

というわけで日曜もう龍馬伝やめちゃおうか真剣に悩んでおります。でもなぁ平日放送だからあと1カ月で終わっちゃうんだよな。

全話放送が終わったらまたレポしちゃうと思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/2718-e94a6ec0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。