スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研修 

4月入社の新入社員研修に「リーダー」として参加することになった話は前に書いた。

超憂鬱な気分で東中野の研修会場に向かう。何しろ1泊の泊まりがけ。湘南新宿ライナーに乗り込んでから、夜、東中野から徒歩5分のところに住んでいる親友の顔が頭に浮かぶ。夜、何時に終わるのかわからないが、多忙を極める弁護士であるミスターは毎日午前様というのは情報としてあるので、後で行ってみようと思い立つ。

会場についてびっくり。こんな都心になんだか新しくてそこそこ設備の整った研修施設。後で聞いたのは「千代田生命(現:AIGスター生命)」が持ってた?物件らしい。

とりあえず両隣に座った人がひとりは同期、もう一人は共通の知人がいて2人ともいい人だったので落ち着く。それにしても、われら27人の「リーダー」が50分のレクチャーを1日半で3コマ分担し、新入社員はそのうちの9コマを聞く。これが最近の我が社の研修スタイルらしい。

責任重大じゃん。

で、ただ漫然と50分を過ごしてもらっても困るということで、コンサルから「しゃべりのプロ」が講師として呼ばれており、「プレゼンとは」という授業が2時間以上みっちりあり、それを受けて3分間スピーチというのをやらなきゃならなくなった。

休憩時間には皿鉢料理を食べに行ったO嬢からメールが入り、食べに行きたかったニャー!などとつい思ってしまう。

で、私のしゃべりは「訴求力がある」ってことらしい。ふーん、そうなのか。

なんだかんだと、終わって懇親会が始まってもう9時半だが、友はウェルカムだということなので、「夜回り」。2人であぁでもないこうでもないと言いながら「美しき日々」引き続きビデオ録画した「白い巨塔」鑑賞。相変わらず彼女から聞く今どきの頭はイイはずなんだけど不思議なインテリ奥様たちの話に驚く。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/44-f5bc234e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。