FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の「僕カノ」と大吾 

(1)め組の大吾
これでレスキュー試験に合格したらあたしゃちゃぶ台をひっくり返しますよ。的場浩司もひっくり返すかもしれないけど。ハァハァいいながら深夜トレーニングしてた甘粕はどうなるんだよ。。。。と終盤にきても突っ込みどころ満載。

(2)僕と彼女と彼女の生きる道
今週はやはり、父親の書いた手紙に尽きますな~。

僕と彼女と彼女の生きる道僕と彼女と彼女の生きる道
橋部 敦子

角川書店 2005-02
売り上げランキング : 264280

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



どんなに深刻な打撃を受けても、自分の誤りに思いをいたさないヒトっていうのが身近にいて、彼女との相克(ちょいと大げさだが)が修復不可能なところまで来てしまった感がある私には、先週も書いたけどちょっと甘い展開だとは思う。親とどうしてもわかり合えないというのは、のどに刺さったホネみたいで本当に切ないんだが、この前、医者の海原純子の話をテレビでやっていて、部分的にしか見られなかったが、彼女も母親とはダメだったという話をしていた。生き生きした息子を見て、孫娘を見て感じるところがあり、自分のことをきちんと分析できた父親の描き方は、こうあってほしい、という願いみたいなものかな。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/62-3caf3491

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。