スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Forza Niigata!!マジびっくり 

albirex
O嬢、ブログの先輩のさわわんさん、そして会社のFさんと4人でJリーグの開幕戦、アルビレックス新潟対FC東京を見るため味の素スタジアム(通称「味スタ」)。

驚愕。


「ココはバレンシアですか?」

ってくらい、スタジアムがオレンジ。それも、Tシャツとかじゃなくてほとんど全員がユニ。アウェイのゲームというのが信じられないほどのアルビレックスサポの数に圧倒される。

それに、背中に選手のサインがびっしり入った人も多数。練習してるところで背中出してるサポーターたちの姿が目に浮かんでなんだかとっても微笑ましい。選手とサポーターがすごく近くて、スタンドからの声援に手を振っちゃうかわいいGKとか、胸に輝く「亀田製菓」の文字も含め、なんだかほのぼの。

亀田製菓といえば、昨日聞いた現地情報からの情報では昨シーズンいっぱいでトップスポンサーを降りて岩塚製菓(地味すぎ)に譲る予定だったのが、J1昇格で「もう1年やらせて~!」ということになったんだそうな。笑える。

今日の観客は3万5千くらいだったが、半分かそれ以上がアルビサポ。試合が始まる30分前くらいからはゴール裏の皆様は総立ちで大声援。応援歌も10まで数えてやめたくらいバラエティがあり、観客動員数が浦和に追いつきそうな勢いというのも納得。試合開始直前の歌がクリスマスソングの「Winter Wonderland」ってのがさすが雪国!?

新潟で2年間暮らしたことがある身としては、新潟の人のキャラクターってこういう感じじゃないと思っていたのに。。。声援だけじゃなくブーイングもすごいし。吼える鬼コーチも多数。すごい通る声の若い女性が近くにいて(魚市場とかで働いていそうだ)「キャンプでやったこと忘れるなぁ!」とか、すごい勢いで試合の間中、激をとばしまくっているのに引いちゃったり、とにかく驚きの連続。

ワールドカップは偉大だね。県民のキャラを(もちろん一部だけではあるが)一変させるだけのパワーがあるんだから。

新潟仲間とは今も会って飲んだりしてるんで、今年はぜひアウェイのゲームをみんなで観戦する企画でもつくらねば。

ちなみに試合内容はもうひとつだったのが残念。後半目が覚めたみたいだったけど、1点が遠かった。。。あとは、味スタの場内アナウンスのほとんどが英語だったのがわけわかんなくて、かなり不愉快だった。カッコイイから英語でやってると思ってるとしたら、まったく逆効果だと思うんで即刻やめるべきだと思う。

ちなみに夜9時を回って、昨日会ったHさんから「アルビはどーなった!?」って電話あり。クルーズ船に乗ってて結果を得るすべを持たず、気がきじゃなかったらしい(笑)。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/67-b161911e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。