スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れのいたみ 

flowers.jpg
19日は職場の送別会だった。ここの職場に異動してきてからまだ半年だけど、もうこんなにたくさんの人が去ったり配置換えになったりするのかぁ、と少しさみしい感じ。ちょびっとたいへんだった選挙の仕事や、日々のこまごまとした仕事も含めてお世話になった先輩も同じ職場とはいえ配置換えで遠くなっちゃうし、セクションが違うので来てなかったけどFLASHの師匠Sさんも3月いっぱいで「卒業」だし。。。


とはいうものの、相対的に楽しく夜は更けていった。ただ、私の中には南の海に消えた同僚のことが残っていた。このまま宙ぶらりんの形では、(勝手な言い草かもしれないけど)楽しく海になんて、潜れない。

一方、職場で彼の話題を持ち出すと、彼がもう帰ってこないということを認めることになるような気がしてた。客観的にはもう戻ってくる確率が天文学的に低くなっているということは分かっていても。まわりの人たちも似たような心境だったのかも。ただ、今のチームで仕事をするのが残りあと1週間というところになって、そのままでイイんだろうか、という話が日付が変わってだいぶたって、4次会(汗)になってから、出た。

やっとこの話をまともにできた、というのがひとつ、でも、それじゃどうしたらイイのか、という話。4人で話していたのだがアプローチは4人それぞれで、なかなか定まらない。とりあえずの方向性が出たのは夜が明けてからだった。でも、同じことを気にかけていた人たちと気持ちを共有できて、少しだけ気持ちが楽になったかも。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/77-4bac501d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。