スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸ビルで友を送る 

行ってからはちょっと時間が経ってしまったんだけど、久しぶりに丸ビルに夜出かけたので書き留めておきます。

オープン時の狂乱ぶりがいまだ印象に強くて、お出かけオプションになかなか入らなかったんだけど、この日は早めスタートで、結局いつも「どこ行くどこ行く~」と言って決まらない相手とだったのでささっとタクって丸ビルに向かいました。

予想通り平日(水曜日)の夕方、まだまだ夜の本格稼働時間にはなっておらずお店のチョイスはよりどりみどり。お洒落にふたりでディナー♪ っていう感じではないけど、まさかクアアイナでハンバーガーというわけにもゆかずw 選んだお店は5階のWeST PArK CaFE Marunouchiでした。

窓側の席に案内されると、ライトアップされた東京駅がバーンと見えます。かなりくだけた雰囲気のお店ですが悪くありません。21時ちょっと前になるとライトアップがぱっと消えるのがまた印象的でした。

肉大好きな友人が注文したのは「ニューヨークステーキ」で、別れて電車に乗ってケータイでニュースを閲覧、農水省が米国産牛肉から背骨が見つかったって発表していたのにはちょっと引きました。米国産だったのかな、あの肉(汗)。私も2切れ食べちゃったぜ…。

お値段も丸ビル的にはカジュアルで、ボリュームもそこそこありました。チーズの盛り合わせも食べたんだけど意外なセレクションだったのも、まぁオススメ。19時まではハッピーアワーだったのですが私も友人も現在薬を服用中なのでアルコールは控えめに。変わったところでは「ダイエットジンジャーエール」みたいな日本の普通のお店ではちょっと置いてないソフトドリンクなんかもあり。
会社で出会った、数少ない「気持ちが通じあう同志」は転勤で東北地方に旅立つことが決まってます。私はこれまでなんだかんだと10年程度のキャリアがある職種なんだけど、彼は初めて。聡明で前向きなので、基本的には問題はないと思いつつ、精神的にも体力的にかなり消耗する仕事なので、ちょっとだけ心配。

この友とは、大切なことをきちんと感情を排して是々非々で議論し、よい結果に結びつける、ということをかなり深いところまで実現できたことが大きかった。お互い認めあってはいても、腹を割って話し合うってなかなかいまの仕事の現場ではない、って思うから。刃物こそ出ませんでしたが土方さんと榎本さんより長時間、かなりキビシイやり取りもしたなぁ…w

というわけで出てきたニクが冷えきるのも忘れてまた長時間しゃべり続けてしまったのでした。

コメント

rukoさん、こんばんは。
シックな大人の雰囲気を届けてくださってありがとう。
読ませていただきながら、思い出せないくらい昔に、東京駅の上のレストランで、
私もそんな会話を持ったことがあったのを思い出しました。
窓から線路が見えて。レストランの名前も忘れてしまいましたが。
「気持ちが通じ合う同士」ってまさに奇跡といえますよね。
新しくなった丸ビルは想像も出来ないくらい綺麗になったんですね。
牛肉は多分大丈夫(根拠ないけど…大汗)。
この問題が出始めた頃、何人かの友達に聞いてみたこともあったんだけど、みんな
「だって、病気の牛はもう燃やしていないんでしょ」
って…;それでいいのかー!って感じでしたけど…慣れって恐ろしい。
何の慰めにもなりませんがw…私は気にせず…食べています。
rukoさんのところから、えりこさんのところへ遊びに行って、『シベ超5』の話に大受けした後、ネットで「水野晴夫さん、重体」っていうのを目にして吃驚したのですが、本当でしょうか…。『シベ超5』ブレイクしそうだというのに。rukoさんの紹介記事で愛之助さんもいろいろと大変なご苦労があり、今日に至っているのだなあと知りました。
個人的には大きい仕事がちょいと一段落して、ここで一発良質のドラマを見たいと思っているのですが、なんせ阿国しかなくて(泣)、この間も3回目を見ようと努力しましたが5分と持ちませんでした。もっとキャスティング、何とかならなかったのか。
今の悩みは、日本製のDVDデッキをいかにして手に入れるか、ということです。
「組!」完全版はやっぱり確保しておかないとねw。
なんともオシャレな気分にしてくださった、rukoさんの今日のエントリ、
ありがとう!rukoさんの同僚さんに幸あれと祈ります。

優さん、週末いかがお過ごしでしょうか…。
MIKE水野先生のご容体。
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200601/gt2006012905.html" rel="nofollow">水野晴郎が入院…自宅で吐血、一時は意識不明の重体に
だそうですね。えりこさんのブログに優さん登場してはるわぁ、それもシベ超5レビューに…wって思った直後でした。きょう、電気店に出かけたのですがついDVD売り場でシベ超シリーズを探していた私…あぶねぇあぶねぇ。
東京駅はステーションホテルのバーもレトロでイイ感じですよね。私は父とふたりで飲んだ最初で最後の機会がそこで、今も思い出すとかなりしょっぱくなってしまいます。
「阿国」私も金曜日ちょっとだけ見ました。夏のシーンなのに屋外ロケで吐く息が真っ白で不自然すぎたり、ちょっとなぁw 堺さんも輝いてないし、なんだかもったいないですね。「氷壁」はそちらでやっていないのでしょうか。かなりレベルの高い仕上がりになっていると思います。もう少々お待ちください(たぶん)。
うーん、あんまりシックな飲み会じゃなかったので恥ずかしいです。友は今日、北へ旅立ってゆきました。私も健闘を祈っています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/871-99aaa4ab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。