スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの結末〈23話(最終回)〉 

スーザンにあんまり興味がないせいか、「デスパレートな妻たち」、落ち着くところに落ち着いてファーストシーズンフィナーレを迎えました。今日、書店に立ち寄ったらNHKコーナーに「オフィシャルガイド」が平積みになっていました。地上波で放送するんでしょうか。

デスパレートな妻たち-オフィシャル・ガイドデスパレートな妻たち-オフィシャル・ガイド
タッチストーンテレビジョン

日本放送出版協会 2006-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


第1シーズンの「ギリギリ女王」は、やはりサイボーグブリーでした。なんともサイアクな結末。不本意だと思うけど「身から出た錆」とはまさに彼女でしょうね。それぞれがピンチのまま次のシーズンへ突入した模様です。以下、ネタバレ。
ブリー=23回のうち20回カウンターがアップしたとは、これは相当…。レックス、死んじゃったよ(泣)。

ダニエルが電話をかけたために、レックスの一大事にみんなが病院に駆けつけます。シーズンが始まったときにはただの「ご近所さん」だったのがメアリー=アリスの死によって距離感が壊れたというか、本格的な友だち付き合いになったということか。もっと早く病院に連れてこなくてはならなかったのに、と自分を責めるブリーです。

ペースメーカーを埋める手術を控えて、レックスがブリーに謝り、一応ふたりは気持ちを通じさせるんだけど、その後、検査数値が上がってきてたいへんなことに。カリウム値がおかしい、と医者に指摘されます。そして暗にブリーが故意に食べ物に混ぜていた可能性を示唆されてしまう。否定するレックスだが、第1回のタマネギアナフィラキシーまで主治医の先生は覚えていました(汗)。

カルテを診断して容態を悪化させるレックス。苦しみながらブリーへ短いメモを残す。「君を許す」と。

やだー、誤解して死なないでよぉぉぉ。ジョージだよ、ジョージ!

病院からの電話を受けて結婚祝いの銀器を最後まで磨いたあとで人間に戻るサイボーグが哀しかった。ここんち、マジでヤバイ。
===ギリギリ度20↑

ガブリエル=「生まれてくる子のために」、といいつつ子どもの世話を全面的にカルロスが手伝うことを条件に「gay basher(ゲイに反感を持ち差別する人間)」ではない、と法廷で証言することにしたんだけど。

最後の最後にジョンが登場、ガブと寝ていたことを告白して去っていきます。当然、バカルロス君激ギレで「殺してやる!」を連発。法廷から連行されていってしまいました。

さて、言い逃れしようにも、もう無理ですねえw どうしましょう。
===ギリギリ度17↑

スーザン=ザックとメアリー=アリス、ポールたちの真相が初めて語られます。ザックがディアドラの息子のデイナであることは間違いない。ただ、父親がマイクなのかどうかはちょっと微妙かな。

マイクはポールを「始末」すべくデスバレーみたいなところへ向かい、フェリシアがそのことに一枚噛んでることを知ったザックはフェリシアを襲ってけがを負わせた上、スーザンに銃を突きつけます。父親を殺したデルフィーノを殺す、と。

スーザンの幼稚さはいつも通り(マイクへの留守番電話に何度も電話するなどなど)。ザックが落ち着く唯一のチャンスだったときにもペラペラ喋って余計キレさせるし。

結局、マイクはポールを殺すことなく引き返します。これ、やっぱりザックが自分の息子だから?でも、もしそうだとするとザックは実の父に向かって銃を向けることになりますよ。やれやれ。
===ギリギリ度16↑

フェリシアさん、ザックに敗れる。彼女の真意は一体どこにあったんでしょうか。

リネット=ゲーセンで昼間から遊んでいるトムを発見。会社を辞めてやったのさ、って言うトムだけど、流石にリネットにキレています。

でも、提案は意外にもトムのほうからありました。自分が専業主夫をやるから君が働きに出ろ、と。「パワーランチとかが懐かしいんだろ」って言われてつい、うす~い笑いを浮かべちゃうリネット。でも6年も働いていなかったので一歩踏み出す勇気が持てない。

でもトムが仕事を失ってしまった以上、収入の道が絶たれてしまったんだから何とかしないと、ね。

リネットは仕事に出たほうが輝けると思うので、思い切って踏み出してほしい。で、できればアナベルと対決してこてんぱんにやっつけてくださいw
===ギリギリ度13↑

次のシーズンに向かって意味深だったのはやはりアフリカ系の一家ですね。母と息子のようですが、様子を見にきたイーディを家に入れません。それも「電話で話しただけで中も見ずに家を買った」らしい。明らかに怪しいですな。

いろいろ仕掛けた割にはそんなにびーっくりするようなエンディングじゃなかったなぁ。第2シーズンでメーンの4人のうち誰かに死んでもらおう、って話が出るのも無理ないような。

【追記】TBさせていただきました。

Desperate Housewives(デスパレートな妻たち) 1‐23 (ひとりごと

「デスパレートな妻たち」 第23話 (記憶の鞄

デスパレートな妻たち #23 One Wonderful DayME TELLY & ICE CREAM

コメント

rukoさん、こんにちは。
マイクとザックの関係はどうなんでしょうね?
マイクが刑に服した時期とかを失念してしまって、逆算できないのが惜しいところです。
地味におどろおどろしいほかキャラクターを、脇において、どこまでも幸せなキャラクターだったイーディには本当に救われました。
>第2シーズンでメーンの4人のうち誰かに死んでもらおう、って話が出るのも無理ないような。
万が一にもそれがイーディでないことを祈ります。(笑)

こんばんは。
こちらにもお邪魔します。(o^^o)
レックスが...。
まさかこういう形でレックスが退場するとは思っていなかったので、ちょっとショックです。
ブリー、大丈夫でしょうか。
他の3人はそれなりの終わり方でしたよね。
怪しいのはあのアフリカ系の親子。
シーズン2の災いの源という設定ですよね。
シーズン2、きちんと放送してくれることを願うばかりです。

rukoさん、こんにちは。
レックスが死んでしまってビックリしました。このドラマはミステリーじゃないはずなのに、人、死にすぎではないでしょうか。
死んでしまうと、話を強引に止めてしまうようで、ちょっと腑に落ちません。
ですので、rukoさんの「第2シーズンでメーンの4人のうち誰かに死んでもらおう、って話が出るのも無理ないような。」というお言葉は、ちょっと意外です。
憎みあいやら葛藤やらいろいろありながらも、みんなで生きていくみたいな展開を、私は、望んでます。

rukoさん、こんにちは。
解決しない謎ももちろんありますが、それほど激しいクリフハンガーでなかったのでホッとしてます。
マイクの父はやっぱりマイクなんでしょうかね。「ディアドラに子供がいたのか」と呟いてましたが、最後にマイクがディアドラが会ったのはいつなのかしら。
それにしても、高級住宅街のはずなのに犯罪の多いウィステリアレーン(苦笑)。新しく越してきたこれまた怪しげな家族は、何かから逃げてきたのか、それともマイクみたいに何かを探しに来たのか、気になりますね。WAT2の後、シーズン2も放送してくれる事を祈ります!

Snowdrops-Fairyさん、こんばんは。
私もマイクはザックの父親なのかどうか、とても気になっていますがココはやっぱりお得意のクリフハンガーなんじゃないかと。
>>どこまでも幸せなキャラクターだったイーディには本当に救われました
いちばんオイシイところを持ってったとも言えるんじゃないでしょうかね。中盤以降は私のイチオシキャラになっていました。
第2シーズン、どう展開するのか気になって仕方ないですね。

porcorossoさん、2発目ありがとうございます。
レックスは生きられないという予感が私にはあったので、どんな残酷な結末が用意されているのか覚悟は決めてみたんですけど、和解した後だっただけに、ブリーに残る衝撃の深さが気になります。それに、ダニエルが許さないね、きっと(泣)。
ジョージの悪事は何とか明るみに出てほしいと思いますが。
第2シーズン、ガイドブックまでつくった以上、きっちり放送していただけると期待しましょう。

ミントさん、こんばんは。
私も個人的には4人にたくましく生き抜いてほしい、と思っている視聴者のひとりなので誤解しないでくださいませね~(汗)。
いまのアメリカのプライムタイムのドラマってやっぱり生々しい「リアリティ」が視聴者の興味を引きつけてやまないではないですか。CSIが君臨していることや、LOSTが大人気であることもそういう「生々しい要素」が色濃く出ているからでは、と私は思っています。
desparateという単語自体もカタカナで「デスパレート」と表記しても「崖っぷち」と表記しても伝わらない「イッパイイッパイ」な感じを想起させる単語です。むしろ救いのないくらいの。
ですので、作り手の側に立つと、そういうザラザラした感触をより一層際立たせるためには登場人物を殺すのもやむなし、って思いそう、と考えただけでして。
ちなみにこのドラマはどんなカテゴリーなんでしょうね。確かにミステリーではないと思いますが。

rosedaleさん、こんばんは。
クリフハンガーの程度について、まったく同意です。もう公式行ってあらすじ全部みたい!って思うほどでもなく、でも続編が放送されたら間違いなく見たいな、っていう程度で。
マイクとザックの関係はシーズンの冒頭で明らかになるのかなぁって思ってますが、やっぱりマイク撃たれちゃったりするのでしょうか。ドキドキです。
NHKがシーズン2の買い付けに成功したことを祈りましょう!

こんにちは、rukoさん。
遅くなりましたがコメントさせて頂きます。
私もシーズンフィナーレの割に、驚くところが少なくてちょっと物足りないなあという気がしました。メアリー・アリスの過去も大体想定内だったし……。
それにしても、ジョージとアンドリューはあのままなんでしょうか。私としてはあの二人を真っ先にどうにかしてほしいです。

Ricさん、こんばんは。
>>ジョージとアンドリューを
って読んで、Ricさんのカゲキすぎる内容を思い出してふふふと笑いがこみ上げてしまいました。2人とも間違いなく次のシーズンでブリーに嫌なことをしそうなので、確かに「何とかしたい」ところでは、ありますね。
気になってるのはマイクがザックにやられるのかどうか、ですが、スーザンの愁嘆場はあんまり見たくないので避けてほしいなぁ、なんて思っています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/943-e26fbfde

デスパレートな妻たち 終わりの始まり

Desperate HousewivesOriginal TV Soundtrackのっけからデス妻とは直接関係無い話題ですみませんが、さっき全洋画オンラインを見てきたところ「トランスアメリカ」が入っていましたので、無事日本でも公開されるようです。良かった良かった。映画公式サイト(英語) 予告編
  • [2006/03/04]
  • URL |
  • 欧米文化に浸かってます |

デスパレートな妻たち #23 One Wonderful Day

シーズン1、終了しました。どっかーんと激しいクリフハンガーにならなくてホッ。デス妻らしくじんわり「どうなるの?」と思わせる終わり方でした。*****一番デスパレベルが高かったのはブリーかな。レックスはやっぱり死んでしまった。しかも、医者の余計な一言のせい
  • [2006/03/02]
  • URL |
  • ME TELLY & ICE CREAM |

「デスパレートな妻たち」 第23話

「終わりの始まり」第1シーズンの最終回は、この先どうなるの?という展開で終わった。6か月も先まで興味を持っていてねというのも、「なんだかなあ…」と思うけれど、ありきたりな内容ではないところが、面白かった。コメディードラマのはずなのに、人が何人か殺されてサ
  • [2006/03/02]
  • URL |
  • 記憶の鞄 |

Desperate Housewives(デスパレートな妻たち) 1?23

Desperate Housewives (デスパレートな妻たち)[お話]話は15年前、メアリー・アリスがアンジェラ・フォレストだった頃にさかのぼる。[登場人物]メアリー・アリス(アンジェラ・フォレスト)15年前、ディアドラから子どもを引き取ったメアリー・アリス夫妻。夫妻はディ
  • [2006/03/02]
  • URL |
  • ひとりごと |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。