スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「當世流小栗判官」前触れ記事 

国立劇場で5日初日の澤瀉屋さん(猿之助さんの一門)「當世流小栗判官」の前触れ記事が夕刊芸能面に載っていました。写真もついていて、右近さんと笑也さんと段治郎さんの3人が写ってました。

短めの記事でしたが、座頭の猿之助さんが病気療養中のため、一門の役者さんたちがそれぞれいろんな舞台に散って初役などをこなして苦労していることにさらりと触れてあり、それが「小栗」のストーリーに重なると書いてありました。

歌舞伎名作撰 義経千本桜 四の切歌舞伎名作撰 義経千本桜 四の切
市川猿之助

NHKエンタープライズ 2004-07-23
売り上げランキング : 8,720
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

→玉三郎さんが静御前として共演しているらしいです。観てみたい…。

今回の舞台では、「主役」2人が宙乗りをするシーンがあるらしく、それが「ET」からヒントを得た、っていう一文に激しく反応してしまったw ETから歌舞伎ですかぁ。どんな感じなんだろう、イメージが湧いてこない。

11日、渡辺保vs.愛之助さんイベントを我慢(脂汗)しての観劇ですが、これまでとは少し異なる歌舞伎の世界が観られると思うと、かなり楽しみ。

【追記】記事がネットにあがっていました。
猿之助十八番の「當世流小栗判官」 群像劇目指す (asahi.com

コメント

渡辺保さん vs.愛之助さんイベントあるんですね。
rukoさん、こんばんは。
以前、rukoさんのブログ記事で、紹介されていた本
『歌舞伎ナビ』
渡辺 保 (著) 単行本 (2003/03) マガジンハウス
面白そうだなーと、気にかかっていたのですが。
その著者の方と対決するんですね。いいなあ。
そして、rukoさんは、そんなイベントと両天秤にかけて、玉三郎様をおとりになるんですね、、、。

satesateさま、おはようございます。
間もなく歌舞伎座へ向かって出発いたしますw 昨日はどうやら愛之助さんとちってしまったらしいので、今日はきちんとできるようにお祈りしていてください。
渡辺さんの本はとても参考になります。基本のキというか。でも、先に国立のチケット買っちゃったあとだったんで…残念すぎ。
玉三郎さんはDVDにしか出てらっしゃらないので「段治郎さんと春猿さんと笑三郎さん」と愛之助さんを天秤にかけました(汗)。

早とちり続きのsatesateです。
rukoさん、ごめんなさい。
昨日、コメントを書かせていただいたあと、
玉三郎さんが、DVDなのに気づき、
ごめんなさいって、コメントを追加したはずなのに、反映されて無い所をみると、
ちゃんと「送信」押さなかったんだな、私、、、。
そんなトチリの私にも、コメントを書いてくれるrukoさん。ありがとうございます。
そして、rukoさんは、チャングムより、3月大歌舞伎をとったのですね。
土曜日に歌舞伎座で、
日曜日に国立劇場。充実の歌舞伎ライフですね。
生きる糧(そこまでは言い過ぎでしょうか)、
活力の源、たっぷり充電してきてくださいませ。

satesateさま、続いてのコメント。
>>チャングムより、3月大歌舞伎
ハイ。そして、帰宅してからはチャングムより「時効警察」をとりました(汗)。完全、出遅れ。
そしてトチったと恐縮するsatesateさんに追い打ちかけちゃうんですけど、さすがに今日(日曜)は休養日です。家事もやらなきゃいけないしネコの相手もせねばならずw 国立劇場大劇場デビューは来週の土曜日の予定です。
仁左衛門さんを観て「夜の部」も観たいとか思い始め、かなりヤヴァイかも…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukolog2.blog60.fc2.com/tb.php/947-fa873fa3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。